やりたいことを見つけることの大切さ

物流会社で働いていましたが、会社での拘束時間が長く、自分の時間が全く持てませんでした。
スケールの大きな仕事がしたかったので、輸出入の業務に携わることができるこの業種を選びましたが、
個人としてかかわれるのは、その大きな流れの一部でしかなく、誰のために仕事をしているのかが見えにくいものでした。
小さくても、目の前の人が求めているサービスを直接することができる仕事がしたいと思い、転職しようと思いました。

 

 

語学教師への転職を希望したので、教師養成講座に通い、資格を取りました。
どの講座に通えば、その後仕事に就きやすいか、よく調べました。
専門書をたくさん読み、必要な知識を身に着けておきました。

 

 

人の気持ちは時とともに変化します。
就職時に持っていた志望動機も、実際に働いてみると、薄らいできたり、ちょっと違っていたと感じたりする場合もあります。
転職を意識したことは、自分が本当にやりたいこと、求めていることをよく考えるきっかけになりました。
一度入った会社にずっと勤め続けることも立派なことだと思いますが、
都度立ち止まって、自分の気持ちを確かめることも必要だと思います。
転職活動を通じて、働くことに対する自分の考え方を知ることができました。

 

 

自分のやりたいことを考えることが大切です。
しかし、それは簡単に見つかるものではありません。
私も、一度就職してから、やりたいことの変化に気が付きました。
やりたいことがはっきりわかれば、転職もできます。
じっくりと、自分と向き合ってください。