チャレンジあるのみ《49歳|男性》

49歳男性
営業
プログラマー
リクナビNEXT・ハローワーク

 

 

 

 転職しようと思ったきっかけは、今の仕事に対して希望がモテないと感じたからです。頑張りに対して見返りが少なく、営業成績も並な私には将来が不透明でかつ、どんどん後輩に抜かれていくのかと思うと、これ以上続けていくことに不安になったからです。

 

 パソコンを触ることがとにかく好きだった私は、IT系への転職を目指そうと、求人サイトやハローワークを利用するようになりました。

 

 

 

 1次面接を8社目にしてなんとか通過して、「よし!ここで絶対決めるぞ」と意気込んで2次面接に臨んだのですが、私の偉い人達相手になると途端に萎縮してしまう悪い癖が出てしまい、笑顔は引きつり、緊張度は極限で、面接官から「5年後○○(私)さんはどんな姿になっていると思いますか?」と、聞かれているのに「精一杯努力して御社の力になりたいと思います」と、お門違いな回答をしてしまったのです。

 

 それを聞いた面接官の方は「そういう事じゃないんだけど(苦笑)まぁいいや」というような反応をされたのです。やってしまったと思いました。案の定採用の連絡は無く、チャンスを掴みそこねました。

 

 しかし、これをバネに頑張ろうとこれを機に今まで以上にモチベーションが上がりました。

 

 

 

 私の場合は仕事をしながら転職活動をしていたので、月に1、2回の面接といったペースで臨んでいました。期間にして活動を始めて8ヶ月が経った頃に内定を頂きました。

 

 

 

 私が言えることは、面接に置いては実力以上の力は出せないという事です。しかし、何度も練習したり経験したりする事で実力は上がってきます、要するに経験が重要であるという事です、何度もチャレンジしましょう。

 

 それから履歴書と職務経歴書は悔いの無いようにしっかりと書きましょう。アルバイト経験でも漏れることなく記入し、自分を最大限にアピールする事です。