転職活動のタイミングを迷っている人必見!在職中か退職後かの論争に決着!

転職活動は在職中か退職後かの答え

 

 どんな求人情報媒体を使うのがベストなのか、円満退職を目指すべきか、面接後のお礼状は必要かなどなど、転職に関する論争はいくつも存在しています。

 

 転職活動のタイミングもそのひとつでしょう。在職中か退職後かというのは、なかなか答えが出ない問題と思われているはずです。

 

 しかし、ここで答えを出してしまいます。転職活動を始めるタイミングは、在職中にしてください。

 

 生活費に困ることはない、転職活動費が制限されることもない、転職に対する焦りも生まれにくいといったメリットがあるからです。これとは真逆のデメリットが、退職後の転職活動にはあると思っておくといいでしょう。

 

在職中に上手に転職活動するには

 

 在職中に転職活動をするという答え、これは間違ってはいませんが、でも上手く進められるかわからないと感じる人もいるはずです。

 

 在職中に転職活動を上手に行うコツは、インターネットをフル活用すること。49歳でも転職するならインターネットを駆使するのは当たり前。苦手だとか言っていては話になりません。

 

 インターネットを使えば情報はいつでも手に入れられるので、時間に縛られることもあまりないでしょう。応募書類の作成や面接対策は仕事が終わってから、あるいは休日に行えばOK。面接等は有給休暇等を上手に使えば、これも仕事をしながら調整することができるはずです。

 

退職してから転職するとこんなコトになってしまうかも?

 

 会社を辞め、自由の身になってから転職活動をする。確かに動きやすいでしょうし、最初のうちは心に余裕も生まれるでしょう。でも、それはあまり長く続かないと思っておくべきなのかもしれません。

 

 失業保険の給付を貰うまでに、自己都合退職の場合は3ヶ月必要とします。その間も生活費や転職活動費は必要となるわけですから、次第に「まずいかもしれない」という気持ちが出てきてしまうことも。

 

 そう思ったら最後。できるだけ早く仕事先を探そうと慌てふためき、その結果、本来の目的や希望とは異なる転職先を選んでしまうことにもなりかねません。

 

 会社を辞める前には想像もできないリスクがあることを知り、転職活動の計画を立ててください。そうすれば、在職中に活動するべきということにも気が付くはずです。

 

 

【関連記事】