49歳の転職希望者なら転職の目的をはっきりさせよう!

転職希望者に「自己分析」が必要な理由って?

 

 転職をそもそも考えはじめた理由は、誰にでも積極的理由(もっとキャリアを発展させたいなど)、と消極的理由(リストラ、人間関係その他)があるはずです。

 

 転職希望者なら「自己分析」をしっかりとすることで、消極的だった自分を見つめて、主体的な、わくわくドキドキするような転職希望者に変える力があることを認識できます。

 

転職希望者ならキャリアゴールを見据えよう

 

 いま49歳なら、“これからまだ一花咲かせよう”といった野心がある人も多いはず。自分が60歳になるまでにつかみたいと思っている成功はどういう内容でしょうか?

 

 手帳に書き出してみることもいいし、転職者用自己分析ドリルなどを仕上げてみれば自分の気持ちが整理できるでしょう。キャリアゴールについてもっと詳細に考えてみましょう。

 

転職希望者が転職の目的を把握するための方法とは?

 

 手帳にでも“転職先の会社に期待すること”“理想の働き方について”思いつく限り、条件を書きだしてみてリストアップしてみるとよいでしょう。

 

 それを書き直していくたびに、自分なりの優先順位がはっきりしてくるでしょう。

 

 

【関連記事】