仕事探しのコツとは?

「キャリアの棚卸し」をしよう

 

 49歳の転職希望者が自分の転職市場価値を最大に見積もってもらうためには、自分のキャリアやスキルを客観的に見つめなおすことが必要です。その上で、自分を一番高く買ってくれそうな会社にアプローチして転職することを目指しましょう。

 

 「キャリアの棚卸し」をすることで職務経歴書が書き易くなりますし、今の自分の転職市場価値を把握できます。

 

親戚や知人に「仕事を探している」と伝えよう

 

 国の大規模な調査によると、転職に成功した中高年の2割強は、“コネで転職をした”と回答しているそうです。

 

 使えそうな人脈は徹底的に活用する方向で転職活動を進めた方が得でしょう。昔の同僚や知人、親戚に会ったときには“よい仕事の口があったらぜひ紹介してくれ”と頼むことは恥でもなんでもありません。

 

使える人脈をこれからつくろう!

 

 “コネで入社したくても使えそうなコネなんかない”という人でも、転職を決意したのですから、積極的に異業種交流会などに出かけていって名刺を配りまくりましょう。

 

 転職先は一つ見つかれば十分なのです。SNSでもゆるくつながり、企業の採用情報を詳細に探しましょう。

 

 

【関連記事】