面接で求められるマナー

身だしなみ・服装・ヘアスタイルは最後の最後までチェックを!

 

 第一印象は非常に重要ですが、第一印象とは「外見」「声」「姿勢」といった要素によって成り立っています。中でもヘアスタイルの影響は大きいです。

 

 ヘアスタイルが乱れているとルーズな人という印象を与えますから、仕事にふさわしい髪型をキープしましょう。スーツやカバン、靴が汚れていないかどうか?!面接前は入念にチェックをしましょう。

 

アイコンタクトは社会人の基本の「き」

 

 面接中は採用担当の顔から視線を離さないようにします。両目と口を結んだトライアングルゾーンを眺めるようにします。

 

 相手の目を見ないで会話しようとする人は社会人として信用されませんので入社してからも大事な商談などは任せてもらえないでしょう。アイコンタクトがどうしても苦手な人は、相手の眉間を見るように訓練します。

 

退職したい理由を聞かれたら・・・?!

 

 面接中に今の会社を辞めたい理由を聞かれるでしょうが、積極的にキャリアを追及したい(から転職したい)というようなポジティブな姿勢を崩さないようにします。

 

 “上司とトラブルで・・・”といった理由はやめましょう。

 

 

【関連記事】