49歳の転職希望者なら面接の前にやっておきたい!こと

「業界専門誌」を通読しましょう!

 

 志望業界が決まっている人は業界専門誌を、決まっていない人や志望業界に専門誌がない人は日経を毎日熟読しましょう。ビジネスパーソンとして経済ニュースに全くついていけない・・・のはちょっとまずいです。

 

 面接は時事的な質問も1〜2個は出されます。知的向上心のある人材であると思われるためには経済面のチェックをしましょう。業界に関する最新情報を読んでいると、面接対策や企業研究もできます。

 

実際の店舗に出かけて行ってみよう!

 

 応募先企業に実際の店舗がある場合はぜひ面接前までに行ってみましょう。サービスを客として受けてみれば、いろんな感想を持つはずです。

 

 企業研究の一環としてリアル店舗の雰囲気を知っておくことは役立つことです。ネットショップの場合も同様に買えそうなら何かサービスを購入してみて、客体験をしてみましょう。

 

転職エージェントで模擬面接を受けよう!

 

 49歳の転職希望者ではじめての転職の面接を受ける場合、“自分の何が悪いのだろうか?改善すべき点はどこだろうか?”と自分で考えるよりはプロにアドバイスしてもらったほうが早く内定できるでしょう。

 

 

【関連記事】