円満退職を目指そう!

なぜ円満退職をする意義があるのか?!

 

 苦労してつかんだ内定も円満退職ができなかったら水の泡です。“どうせ辞めたら縁が切れるのだから円満退職なんかできなくってもいい”という考え方をする人は転職先でもうまくいかないでしょう。

 

 お世話になった会社に対して最後の日までせめてできることがあれば何でもする!という気持ちが大事です。狭い業界ですからどこでどう自分のうわさが広まるかわかりません。

 

転職先が決まったら・・・次にするべきことって?

 

 在職中の会社の上司に、口頭で辞めるという意思表示をする必要があります。自分が退職をする少なくとも1か月前までには言いましょう。

 

 会社の就業規則の“退職”の項を一応確認をしておきましょう。退職願を書いて提出して、会社に受理してもらいましょう。会社は受理してからあなたの退職を公表することができます。

 

「円満退職」できなかったら?!

 

 引き継ぎなどを最後まで責任もって行わなかったために、辞めた会社から離職票を出してもらうことができなくて、失業保険の給付が遅れた…というケースも。

 

 上司とトラブルを起こして逃げるように去っていった・・・という噂になるのは避けたいものです。

 

 

【関連記事】