会社から引き止めにあったときの心得

2週間前には退職届を提出する

 転職活動では転職を希望する企業の採用内定通知をいかに手にするかが要になりますが、同時に注意したいポイントがあります。それは、現在勤めている会社にどのように退職について交渉するか、です。場合によっては引き止められ、気持ちよく退職できなくされることがあります。

 

 とはいえ、転職の意志が固いなら引き止めに応じているわけにはいきません。上手な交わし方を学び、円満退職を心がけましょう。

 

 まず、契約社員ではない正社員の場合、自由に退職する権利があることを知っておきましょう。現在の労働基準法では、最低2週間前に退職届を提出すれば退職できるようになっています。そのため、退職の意志のある社員を引き止める行為は法的に賢いとは言えないのです。

 

 また、多くの場合は「不満があれば改善する」といったり、「給与を上げる、残業を減らすから会社に残ってほしい」と交渉してきたりしますが、それが実現することはほとんどありません。「今やめたら損害賠償を請求する」との脅しも実は嘘はったりで、退職によってクライアントに迷惑がかかるとしてもそれを一介の社員が負うことはありません。

 

躊躇する姿勢を見せないように!

 ただ、円満退職を実現するためにチェックしておきたい点が2つあります。1つは、プランニングをしっかりと行うことです。例えば、会社が繁忙期にあるときや現在取り掛かっているプロジェクトがまだ完成していないときに退職を申し出ると迷惑がられてしまいます。業務が少ないときやプロジェクト完成後、または引継ぎのプランができてから退職届の相談をするようにしてください。

 

 さらに、本当に退職の意志があるなら、どんなに引き止められても躊躇する姿勢を見せてはいけません。優柔不断な表情につけこまれてしまうからです。あくまで退職・転職する予定があること、新しい勤務先への入社許諾書を提出済みであることを伝え、今までお世話になったことへの感謝の気持ちを表すようにしましょう。転職先の企業名は伝えない方が無難です。

 

 

【関連記事】