退職時の有給休暇は取るべき?取らざるべき?

退職時でも取りたければ取るべき有給休暇

 

 有給休暇は、あなたが取りたいと思った時に取るべきです。在職中は、有給休暇の取得のタイミングを変えられる権利(時季変更権)が会社にあるため、これによって取りたい時に十分に休みを取れないことがあるかもしれませんが、退職に伴う有給休暇取得ではこの権利は有効とはならないので、あなたが取りたければ、そのタイミングで全ての有給休暇を取得することが可能なのです。

 

 それを現実化するのは、まさにあなた次第。取りたければ取るべきですし、何か問題が生じる予感がし、それを避けたいのであれば取らないという選択も、あなたがすることができます。

 

有給消化トラブルは不可避?

 

 何か問題が生じる予感、これは多くの転職者が退職時に感じることかもしれません。有給休暇を全部取ってから辞めてやろうと考えている人は、特にその予感を感じることでしょう。

 

 退職時の有給消化はトラブルの元、とも言われています。確かに避け難いものがあるのかもしれませんが、それは、かなりの日数の有給休暇を辞めると同時に取得していく人の場合。

 

 会社からグチグチ言われる、同僚にも変な目で見られる、損をした気分になる、転職先にまで変な噂を撒かれる、そもそも有給取得を認めてもらえずケンカ状態になるなど、トラブルが起こる可能性は否定できないでしょう。その覚悟があるかないか、これもあなたにしかわからないことなのかもしれません。

 

有給消化分の給与は大丈夫?

 

 もうひとつ、退職時の有給消化でトラブルとなりそうなのが、給与の未払い。退職後に入ってくるはずの給与、これが入ってこないと辞めた方はたまったものではありません。

 

 もしそんな事態になったら、必ずすぐに元いた会社に問い合わせてください。口でハッキリと言えなければ、内容証明郵便を利用し、支払いが滞っている給与について請求しましょう。会社側がうっかりしているだけの可能性もありますが、ここで問い合わせも請求もせずに泣き寝入りすることだけは避けなければなりません。

 

 

【関連記事】