転職に必要な5つの手順

 転職には少し厳しい年齢であるのは否めません。そこをデメリットと思わせないような工夫が求められるでしょう。

 

 転職する時に必要となるそれぞれの作業に不可欠な考え方や動き方などを強く意識し、単純なミスがないように活動していくことが49歳には求められます。

 

 

49歳の転職準備とは

 

 転職でミスをする人は、大抵準備を適当に行っています。転職準備は、過去の自分を振り返ること。そして、未来を考えること。

 

 49歳は過去の量がなかなか多いので、この部分の整理を入念にしておかなければなりません。そして、未来を考える時には年齢的なことも考え、幅を持たせておきましょう。

 

【参考記事】

 

 

 

求人でチェックするべき箇所

 

 できないことを今から身につけるのは非常に困難。求人情報の応募資格と照らし合わせ、まずはここをクリアしている求人をピックアップしましょう。

 

 その他の条件にこだわり過ぎると求人選択のミスに繋がり、採用通知を受け取ることが難しくなる恐れがあります。

 

 

【参考記事】

 

 

 

職務経歴書の書き方に要注意

 

 自分の過去をどのように文章や文字で表現するか、ここが一番の考えどころ。職務経歴書には複数のフォーマットや書き方などが存在しているため、自分の過去を効率よくアピールできるフォーマット等を選択し、必要な経歴を並べるよう心がけましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接で問われる能力

 

 即戦力であることを面接では伝えましょう。部下や上司とのコミュニケーションも取れ、職種によってはマネージメント能力に長けているなど、特筆した能力をアピールすることも忘れてはいけません。事前に、自分に備わっている能力を見出しておいてください。

 

 

【参考記事】

 

 

 

退職は慎重に行いましょう

 

 会社を辞めるのが簡単だと思っていたら大間違い。結構面倒な作業の連続であり、時には失敗することもあります。

 

 社内の雰囲気を掴み、退職願などを提出する前に打診や申し出をするなどし、様子をうかがいつつ行動に移していきましょう。慎重に行ってこそミスを防ぐことができます。

 

 

【参考記事】